おおたオープンファクトリーへ行ってきました。

2015.12.05投稿者|カテゴリー|大田区 日常

11月28日に「おおたオープンファクトリー」へ遊びに行ってきました。

今回で5回目の開催です。

28日は下丸子・武蔵新田周辺エリア、12月5日は工場アパートなどその他のエリアがの工場が開放され、誰でも自由に見学をすることができるイベントです。

 

DSC_1806

 

東急多摩川線下丸子駅を降りると、駅前にインフォボックスが。

 

DSC_1807

 

こちらで「公式ガイドブック」をゲットし、見学するルートを決めます。

 

「モノづくりたまご」というガチャガチャがやりたかったのですが、既に売り切れだったため、サンプルとして飾られていた「KARABINA Like Ota」を購入。大田区の形をしたキーホルダーです。

 

DSC_1886

 

「モノづくりたまご」に入っているカプセルトイは全て学生デザイナーと大田の職人がコラボした商品なんです。

製品は全12種類。コンプリートしてみたいですね!

 

モノ・ワザラウンジにはカプセルトイの各製品の説明と展示が。

 

DSC_1815

 

「KARABINA Like Ota」も展示されていました。こんな感じで作っていくんですね〜。

 

モノ・ワザラウンジ近くの倉庫では「北嶋絞製作所」さんが、ヘラ絞り体験をしていました。小さな子どもが職人さんと一緒になってモノを作る姿に感動。

 

DSC_1825

 

北嶋絞製作所では、国立天文台のパラボナアンテナや有楽町マリオンの時計枠などの加工を行ったそうです。

どちらも相当でかいですよね。スゴイ技術です!

 

出発時間が遅かったので、駆け足で回ったのですが、最後に行ったのが「睦化工」さん。

 

DSC_1844

 

マヨネーズ、ドレッシングなど良く使う製品のキャップを製造している会社さんです。

こちらでは、3Dプリンターを使用して、小ロットの成形加工品を製造する事もできます。

キャップの製造現場を見学させて頂いたり、3Dプリンターのモデリング体験もさせて頂きました。

 

DSC_1845

 

これが凄く不思議で、モニター上の球体を手に持っているペンタブレットのようなもので削ることができるんです。削ったり、押したりすると反動があり、実物を触っているかのような錯覚におちいります。

 

DSC_1846

 

最後に睦化工の担当者さんと記念撮影。

普段入れない工場内に入って、職人の方達に説明をして頂けるのは貴重な体験でした。

 

最後にもう一度挑戦したモノづくりたまごガチャで、結構レア目なアイテムをゲットしました!

 

DSC_1888

 

えんぴつ型のペン立てです。

こちらは事務所で使いたいと思います。

 

帰りは多摩川沿いを歩いて。テクテクと。

下町ロケットの主人公の気分になりながら帰りましたよ。

 

DSC_1848

 

おおたオープンファクトリー、来年も是非行きたいと思います!

竹下のぞみ
この記事を書いた人:
静岡県静岡市出身。女子美術大学卒業。出版の企画営業職を経てデザイナーへ。約4年間の会社勤めの後、08年からフリーランスに。DTP業務の他イラスト・キャラクター作成なども行う。ちなみに幼稚園では【牛乳】の役。何の仕事でも真面目にやる!これmotto(^_^)b!
チラシ・パンフレット・WEB・イラストなどデザインのことなら
お気軽にユニオンワークスへご相談ください
受付10時~18時、土日休み03-5747-3535メールでのご相談はこちら

同じカテゴリー大田区 | 日常の記事一覧

Company Profile

ユニオンワークスオフィス
株式会社ユニオンワークスは2007年に大田区で誕生したデザイン事務所です。2011年に法人化、事務所を大田区池上へ移転しました。現在では上記制作物の他に、オリジナルキャラクター制作、ロゴデザインやパッケージデザインまで幅広く制作しています。また、お客さまの想いを形にするお手伝いをするため、コンサルティングにも力を入れています。

オフィシャルサイトはこちら >